複雑な形の住宅の木造構造計算ソフトへの入力

 業務以外にソフトを試すことが多いのですが、前回の続きでHOUSE-ST1で、複雑な形状の住宅モデルを入力してみました。斜め方向に入力できるとはいえ、複雑な形状に向かないのはスペック上わかっていたのですが、やはりいろいろな問題点に直面しますね。そもそも構造計画が複雑になって良いわけがなく、やはりシンプルにしたほうが安全面、経済面でも有利なのは間違いないです。デザイン優先の建築家や住み手の勝手すぎる建物は控えなければなりません。だからといって平凡なのもね・・・そこのバランスをどうとるか?が大切なんですけどね・・・。
 HOUSE-ST1の場合補助線を斜めに引けません。そのためグリッドを細かく刻んでいくのですが、座標を決定するのに三角関数の計算は必須です。まあ簡単ですけど。また斜め軸上の梁に柱を載せることは事実上不可能です。まあ工夫すれば計算できないこともないんですけど複雑になると手に負えません。水平構面の計算も追加計算が必要なケースが多く発生します。梁の負担も・・・。少なくとも入力すれば・・・というのは単純のケースに限られそうです。まあ計算できれば安全か?はまた違った問題ですけどね。

作成者: しろなまず

建築設計やっています。スマホやソフトウェアが好きです。