構造計算ソフトに入力することが構造計算とは違う

 まあ当たり前のことなんですけど。まだ「構造屋は楽だよね。ソフトに入力して出力出せばいいだけなんだから」などという心ない人がいます。しかし逆に構造屋さんもそんな感じになってきました。確かに確認申請は構造モデルの適否よりも図面通りに入力してあるか?をチェックする方が多い感じで、そうなるのもわからなくもないです。
 ただ、もしそうだったとしても、構造屋の仕事はそれだけではありません。当たり前ですが図面も書かなければなりませんし、一貫にのらない部分は当然検討しなければなりませんし、意地悪な適判(ごめんなさい。一部いると思います)対策も練らねばなりません。また計画が変わったとき・・・なんてこともです。
 私は構造屋じゃないけど、構造屋のために間違えた考え方を広めないようにしないとね。
 

作成者: しろなまず

建築設計やっています。スマホやソフトウェアが好きです。