木造耐震診断ソフト予測

 結局、今年中に全容が見えなかった木造耐震診断の改訂版。少なくとも年度内(3月)までには出ると思います。耐震診断ソフトの対応はそれ以降だと思います。各社戦略を練っているでしょうけど、以下のパターンが考えられます。

・無償バージョンアップ(年会費制)
・有償バージョンアップ(年会費制)
・有償バージョンアップ(年会費なし)
・新商品

 おそらく無償で年会費なしは絶対ないので、上記4つのパターンと考えられます。当然早くリリースしたほうが有利なので年会費制のところが有利だと考えられます。ただ前回同様流動的なので、新商品という形で出した方が有利と考えるメーカーもあるかもしれません。また規模や診断種別で新しいソフトを出すという考え方もあります。公共建築物等の耐震診断ソフトもリリースされるかもしれませんし、耐震診断と構造計算兼用のソフトがでてくるかもしれません。一時期話題になった、あのブラウザで動く診断ソフトの動向も見逃せません。スマートフォン対応は??まだ出てくるのは先の話だと思うのですが、今から楽しみです。

作成者: しろなまず

建築設計やっています。スマホやソフトウェアが好きです。