サーラプラザ浜松の耐震補強

 構造計算ソフト会社の構造システムのホームページにサーラプラザ浜松の耐震改修の記事が載っています。施主の要望がテナントビルなので居ながら改修にしてほしいということと、地域のランドマークにしたいということがあったらしい。前者は良くあることですが、後者も今後要望が強くなってくるでしょうね。
 お金をかけて耐震改修をするわけですが、実は快適にはなりませんし、むしろ快適性が失われることすらあります。お金をかけて耐震性しか手に入らないというのは問題があります。そこで住宅では耐震リフォームの考え方が一般化し快適性を高めるようになってきています。テナントビルの場合は、収益性なども考慮にいれるべきですから更に難しいと思います。
 この事例ではスパイラル・ブレースド・ベルト補強という方法で、内部空間に影響をださず、外壁にデザイン的なアクセントつけて補強できています。残念ながら資料がないので補強内容については割愛しますが、デザイン的には一般の耐震補強とは大きく異なり意匠性を強く押し出すことに成功していると思います。こういうものをやろうとすると、意匠だけのアプローチでも構造だけのアプローチでも失敗すると思います。どちらの役割も非常に重要ですし、調整能力も必要となります。建築家さんも技術屋さんも自己主張ばかりしますから(うんざり)。
 今後もこの手の手法は増えてくると思います。補強を使って快適にするか、デザイン性をつけるか、というのがメインになりそうです。でも似たようなデザインだけを使って補強しましたよというまがい物がでてきそうで不安だな・・・。

作成者: しろなまず

建築設計やっています。スマホやソフトウェアが好きです。