カルキングJとカルキング10スタンダード

 某ショップでは、発売中止後までカルキングJの在庫を抱えていたため、結構問い合わせが多かったそうです。もちろん価格の問題で、カルキングJの1万前後という価格は破格であり、多くの実務者にとって、その性能で十分だったというのが現実です。しかしカルキングJは惜しまれつつ終売。カルキング8は高すぎるということもあり、問い合わせはありませんでしたね。しかも性能が高くダウンロード販売のみのバージョンをメーカーが発売するといういびつな構図が災いしていて某ショップも販売していませんでした。ただ、ようやくカルキング10でパッケージ版が復活したため某ショップで取り扱いを開始したそうです。
 いうまでもなく数世代前の廉価版と現在のカルキング10スタンダードでは明らかな性能差があります。価格こそ倍ちょっとの差がありますが、カルキングJは一台のライセンス。カルキング10スタンダードは一人2ライセンス。機能差を考えればお得とすらいえますね。もっとも2台必要な人がどれくらいいるかは?疑問ですがね。お得感があるというのは事実です。
 数学的な違い以外で比較しても機能差は歴然です。カルキング10では、エクセルと連携できるようになりました。この差は構造計算の運用面では歴然です。今までの資産を活かせますからね。プログラム機能も、ただの数式印刷、計算ソフトから、市販ソフトに匹敵する機能を搭載できます。使い勝手もだいぶ向上しましたね。元々使い勝手は悪くなかったのですが。
 というわけで、カルキングJ2からカルキング10スタンダードに乗り換えました。果たして生産効率はあがるのでしょうか?こうご期待??


構造技術者必須の数式エディター、数式処理ソフトの決定版!カルキング10 スタンダード版(株式会社シンプレックス)
 スタンダードで十分と思うか?


構造技術者必須の数式エディター、数式処理ソフトの決定版!カルキング10プロフェッショナル版(株式会社シンプレックス)
 プロフェッショナルを選んで使い込んでみるか?どちらか好きな方に・・・。
 

作成者: しろなまず

建築設計やっています。スマホやソフトウェアが好きです。