棚卸

 先日、某ショップの棚卸台帳を作成した。システムは9月にサイボウズデヂエで組んだものでした。無理に自動化せず最終帳票はチェックしてエクセルで作成と決めていたので、まずはデヂエからExcelへ在庫変動台帳を出力。某ショップの場合、仕入も販売も同台帳で行い、棚卸時に棚卸フラグを立てて実在庫を入力します。そのため台帳が1台帳で済む反面、帳票作成はちょっと面倒です。まあ棚卸以外に帳票を作成しないので大丈夫だと思いますが。今年は楽天出店もあり初めて在庫高が急落しました。特に高額商品の出荷が好調だったことは棚卸額にも大きく反映していました。
 ちなみに某ショップ単体の売り上げはショップオープンから毎年大幅増収でしたが、今年はついに減収に転じました。原因は3,4、5月に震災の影響でまったく売れなかったこと。ショップ運営の難しさを感じた年でした。楽天出店費用も計上したため単独では赤字転落と思われます。今期は、好調な店頭売上と楽天市場店の安定した売上により出店費用の全回収及び増益の確保は問題なさそうです。こうなると棚卸などのシステム化は非常に強力な武器となり、管理業務の省力化に寄与しそうです。地道にやってきましたが、ようやく安定軌道に乗りそうです。
 

作成者: しろなまず

建築設計やっています。スマホやソフトウェアが好きです。