復興支援・住宅エコポイント

公式ホームページ

 いよいよ補正も通りエコポイントが始まりました。従来の住宅エコポイントとはだいぶ様相が違いますので注意が必要です。「復興支援」と名前がついていることからもおわかりの通り、東日本大震災の被災地復興支援のため、という側面もあります。
 まず違いは、新築の場合、被災地とその他の地域での発行されるポイント数が異なります。被災地は一般的に倍のポイントがつくことになります(通常15万ポイント、被災地30万ポイント)。エコリフォームは一戸あたり30万ポイントを上限とします。また新たにリフォーム瑕疵保険に加入した場合一律10万ポイント、耐震改修を行った場合には上記以外に15万ポイントを加算できるそうです。まだ詳細は知らされていませんが、なかなか大盤振る舞いのようです。ポイントは1/2以上を復興支援商品(被災地の特産品や被災地への寄付)に交換でき、残りは即時交換およびエコ商品と交換できるそうです。
 どうも業者の金儲けの手段として使われているようで悲しかったです。とりあえず内窓だけつけることのみやっている業者さんもいらっしゃったみたいですし。消費者も目の前のポイントに目を取られずに正しい情報と被災地支援になることなどを考慮して判断してほしいものです。

作成者: しろなまず

建築設計やっています。スマホやソフトウェアが好きです。