Microsoft Office2010は高いか?

 KingSoftのオフィスをよく紹介しているのだが、事務所ではほとんどのパソコンで正規版のMS-OFFICEを使っています。Windows7機はOffice2010。WindowsXP機はOffice2000と2003です。仕事で使う物ですからケチしてはいけません。補助機ではKingSoftとOpenOffice.orgを使っていますね。もっとも構造計算の実務では純正を使う必要性はなく、またリボンメニューに馴染めない人も多いのでKingSoftのような旧互換インターフェイスがあるのはいいことだと思います。
 さて、互換オフィスは価格で勝負!しているはずなのですが、なんだか最近高い。一方マイクロソフトは意外にも2010より値下げしてきて値頃感が強い。
 MSOffice2010 Personalは、MSのショップで31290円。まだ高いように感じます。しかし業務用のソフトがこの価格ならむしろ安いのではないでしょうか?逆に家庭用にこの性能のソフトが必要とは思えません。昔流行したMS-Worksみたいなものがあってもいいと思います。そう考えると家庭用なら互換オフィスが妥当に感じます。
 ただ、MSは通常販売版は2台のインストールを認めており、2台使っている人にとっては一気に差が縮まります。しかもアップグレードでも2台使用できるみたいなので、例えばOffice Personalのアップグレードなら16590円。他のショップだったらもっと安くなりますので、Office2000など昔のOfficeを持っているのなら、一台8千円程度でアップグレードできるのです。ここまで価格差が縮まるならマイクロソフトの正規品を使ってもいいかな?と感じてしまいます。
 もっとも仕事ならPowerPointが入ったHome and Businessじゃないと・・・と思います。そうなるとアップグレードは26250円。ホーム用と考えると高いけどホームで必要かな?PowerPoint・・・。ビジネスですね。これくらいは何とかしないと。
 費用の考えは人それぞれ。auとsoftbankのiPhoneの価格の高低も感じ方は人それぞれ。価値をどこに見いだすか?でしょうね。安い物ばかりに流れると、最終的に自分の首を絞める。そんな感じがします。

作成者: しろなまず

建築設計やっています。スマホやソフトウェアが好きです。