DSが不振のようですが

 あれほど電車内で目立っていたニンテンドーDSを見なくなりましたね。やはりスマートフォンに押され売れていないみたいです。DSはお勉強などもできて小型で操作性の良い端末でしたが、やはり日本人は簡単で安いほうに行くみたいです。やはりスマートフォンのほうが安く見えますからねアプリは。無料の物もありますし。
 しかしDSの存在意義はまだまだあります。質の良いゲーム、バッテリー切れしても電話と別なので大丈夫♪スタイラスが使える、バーチャルコンソールはレトロ感たっぷりで面白いし。
 そして最近ではプチコン。前も書きましたが、BASICで気軽にプログラムが楽しめるものです。しかも使いやすいし外出先でプログラムが書ける♪素晴らしいですねえ。スプライトが使えるのは、昔のベーシックで苦労した世代ではたまらなく魅力的です。これが800円相当(ニンテンドーDSiポイント)なんだから素晴らしすぎます。こういう学術的意味があるソフトがあるのが魅力ですし、その使い勝手がいいのも素敵です。最近のスマートフォンはアプリは薄っぺらいものばかりですし、頭が悪くなりそうな便利な機能ばかりが目に付きます。今後、C言語版やJava版なんてのも出たら楽しそうです。日本は優秀なプログラマが少ないとききますし、フリーソフトの開発者も減っているみたいですので、ぜひ、子供の頃からこういうもので腕を磨いて欲しいなと思います。

作成者: しろなまず

建築設計やっています。スマホやソフトウェアが好きです。