耐震診断でうれしいとき

 木造の耐震診断は、大抵評点が低いです。これは仕方がありません。現在の基準を判断材料にしているので。昔の建物に筋かい金物があるわけもなく、石膏ボードだって和室はラスボードの薄いのが当たり前。しかし、たまに仕様は古くてもしっかり耐震を考えて作っている住宅を見ると嬉しくなります。
 先日診断に行った家は、小型の住宅。しかし壁の部分にはほとんど筋かいが入っています。まだ偏心率などの基準がない時代ですし、筋かい金物もありません。そのおかげなのか、柱の傾きも少なく非常に良い状態でした。小屋組なども丁寧に施工されていて、良い住宅だな?と思いました。住人の方も普段の地震で怖いと思ったことはないそうで、今回は念のためということだったようです。もちろん古い仕様なので評点はあまり高くないと思いますがある程度の耐震性と評点はでてくると思います。我々も後生の人が見たときに、いいなと思われる設計をしていきたいです。

作成者: しろなまず

建築設計やっています。スマホやソフトウェアが好きです。