Googleのルール変更のあおり

 最近、Googleで検索して思うこと。寡占の弊害。ルール変更も他社のエンジンが頑張っている時代には影響がなかったのですが、寡占なので思いっきり影響を受ける。その結果、順位が大幅に変動しているページがある。
 私もその結果を検証するために、ある実験を行ったが最近のルール変更の影響は絶大で、SEOのあるテクニックを使うと順位が思いっきり落ちることが推測することができました。特にダミーリンク系は厳しいみたいです。ちなみに私のホームページ群も影響はかなりあって軒並み下がっています。小さい企業のホームページが特に影響を受けていて、個人のページはあまり影響を受けていない感じもします。私のホームページは他人のリンクを活用しない方式(一部実験で使っていますが)なのですが、自分のホームページ群が膨大なので影響を受けたのかもしれません。これは戦略でやっているのではなく、自分の整理能力がないことから、次々にホームページを作ってしまったのが原因です。ホームページのリニューアルを受け、更に順位を下げていることから、原因を探ろうと思います。
 もっとも私のページの今の嫌な要因はアクセス不要のページにアクセスが集中していることです。昔作ったページですが未だに人気がある意匠系のページに集中しています。しかも質問の電話まで来たりします。削除も大人げないので残していますが・・・。会社のページも仕事を取るページから、会社情報の開示と情報提供に移行しつつある今、googleの仕様変更に頭を悩ませることだけは避けたいです。

作成者: しろなまず

建築設計やっています。スマホやソフトウェアが好きです。