新型SonyReader!!

 最近話題がちょっと地味な電子書籍業界!でもソニーは見捨てませんでした。純粋に読書の楽しめるソニーとしてはかなり地味な電子書籍リーダーのSonyReaderに新商品がでました!ついに3G対応です。


ソニー電子書籍リーダー【2011年11月25日発売】【送料無料】ソニー電子書籍 [3G+Wi-Fiモデル] PRS-G1/BC
 こちらが待望の3G対応モデルのPRS-G1。6インチの電子ペーパーを搭載し価格は2万6千円前後と予測。3G対応部分は、回線契約する必要が無く、購入後にPCを使って回線をアクティベートすればOK。回線はなんとKDDI!!。1年目は通信料金無料のプランがあったり、WEBもみることができる月額580円のプランもあるみたいです。まあ電子ペーパーなのでそれほど見ることを望まないと思うがいざというとき手軽に見られるのはいいかも。当たり前ですがWifiにも対応しています。
 

ソニー電子書籍リーダー【2011年10月20日発売】【送料無料】ソニー電子書籍 [WiFiモデル] PRS-T1/BC
 もう一つはWifiモデル。そういえば今までのReaderはWifi対応していなかったのでこれだけでも貴重です。価格は2万円を切るのでは??
 共通部分での目玉は光学式タッチセンサーがピンチインとピンチアウトによる拡大縮小操作が可能になったこと、語句の長押しからGoogleやWikipediaの検索ができるようになったこと、辞書が英語だけでなく大辞林が追加されたことなど。

 個人的には昨年6インチモデルを購入しているので買うかどうかは微妙です。現行機種で十分満足しているので。でも思いっきり軽くなっているし幅も小さくなっているので魅力だなあ。Wifiや3Gで書籍を買おうとは思わないけど、ネットに接続できることは魅力!検索も使えるし基本料金も安いので下手なスマートフォンはいらないかも?何しろauの3Gが月額580円でWebアクセスプランを契約できるのは脅威です(購入のためだけなら1年目無料最大2年無料のプランもある)。地味に大辞林をインストールしたのもかなり魅力。
 派手さはないけど読書を純粋に楽しみたい方にお勧めです。

作成者: しろなまず

建築設計やっています。スマホやソフトウェアが好きです。