株がわからない

 経済的には様々な問題がある株式の価格。上がったり下がったり。投機的な運用をしているならともかく、普通に持っている場合、多少の上げ下げで困ることはない・・・と思っていたが、株の本を読むとそうではないらしい。今回の下落でも様々な影響がでているようです。
 私もちょっとだけ株をやったが、確かに配当がでる株であれば預金より利子配当は多い。しかし出ない年もある。だが配当以外に株主優待といった嬉しい優待もあるものがある。でも、小遣い程度でやっている場合、ちょっと増える程度で儲かったという気分にはならないし、実際大したことはない。やはりある程度の額がなければお金は増えない。預金も金額が大きければ利子がそれなりに大きくなるのと同じだ。預金と違うのは売買差益がある点。預金は売れませんから。そうなると結構リスキーなことがわかる。FXまで来ると更にリスキーです。個人でやっていても。
 ただ株を勉強すると経済なども勉強できて別の意味で良いこともあります。ただ勉強したからって株で儲けが出るとか、仕事ができるようになるとか、そんなことはなさそうです。残念ながら私には株の良さがわかりません。社会的には必要なんでしょうけどね・・・。

作成者: しろなまず

建築設計やっています。スマホやソフトウェアが好きです。