スマートフォンは時間泥棒?

 と思ってしまいます。時間を節約する便利な道具のはずなのに。
まず、アプリを探す時間が無駄です。アップデートも多くこの時間も無駄です。昔の携帯電話にはなかったことです。
 次にゲームが無駄です。確かに楽しいです。しかし貴重な道具である電話のバッテリーを消耗します。しかも考える時間を失います。どうしても外でゲームというならDSとかのほうがいいと思います。個人的に大人が外でゲームというのはちょっと・・・という気がします(考えが古いか?)。
 そしてトラブル。なんだかんだいってスマートフォンはトラブルが多いです。再起動がかかったり、データが飛んだり。そこも含めて楽しいとはいいますが。カスタマイズにも時間がかかりますし。バッテリーが持たないのは時間を無駄につかっているせい。そのために予備のバッテリーの充電など気にしなければならないのは論外だと思います。もっともバッテリーという制約があるからスマートフォンはまだまともでいられるのかもしれません。この心配がなくなったら中毒者が増えそうで気になるところです。
 現在のスマートフォンがそれほど素敵だとは思いません。よく通常の携帯電話とスマートフォンの2台持ちが便利といわれますが、それだったら一台はサブノートかiPadなどのタブレット・スレート型の端末にしたほうがはるかに便利で役に立つと思います。スマートフォンの大きさで何でもというのは難しすぎると思う人が案外多いのに驚きます。
 といっても流行ですし面白いのは確かです。果たして流行で終わるのか?一般に定着するものなのか・・・?

作成者: しろなまず

建築設計やっています。スマホやソフトウェアが好きです。