SAVE-住宅

 構造システムというと構造計算プログラムやDRA-CADってイメージが強いですが、省エネルギーツールに関しても相当の実力のあるプログラムを持っています。知名度が・・・という気もしますが。
 さて、SAVE-住宅は、高機能な省エネルギーシュミレーションツールです。ちなみに「住宅」とあるのは、一般的なビル用は、SAVE-建築という強力なプログラムが販売されているからです。こちらは給湯設備や照明設備までできるんですねえ。
 SAVE-住宅は、住宅といっておきながら、なぜか木造や鉄骨造に対応していませんでした。なんでやねん!って感じでしたが、ようやく対応したようです。具体的には木造、RC造、鉄骨造でQ値μ値計算ができます!CADソフト会社が作っているので操作も簡単。見た目はHOUSE-DOCって感じで、やはり直感的に操作できます。また計算はリアルタイムに計算されますし、部位毎に断熱性能を調整できるのでバランスの良い断熱設計を行うことができます。
 共同住宅用のCEC計算も、CEC/V(換気)、CEC/L(照明)、CEC/EV(昇降機)が計算できます。
 出力は、面白いです。計算結果はエクセルデータで出力できます。そのままで届け出可能♪なレベルですが、あえてエクセルデータになっているというは興味深いです。
 問題は価格とパッケージ。たぶん木造住宅のQ値計算を行う人間にとっては過剰です。マンションをやっている人には木造は不要でしょう。総合パッケージにする必要があったのか?また住宅外(オフィス等)は、別途SAVE-建築を買わなければなりません。価格もそれなりにするので、このあたりの煮え切らない仕様はなんとかならないんでしょうかねえ?SAVE-住宅のQ値μ値計算限定版とか、結構需要があると思うんだが。他社のツールでは混構造は対応していませんが、これはできるのでしょうか?4月に地下室付き混構造のQ値計算してかなり大変でした。そういったことが簡単にできる安価なシステムはあるのでしょうか?
 省エネは今後の課題です。Q値計算等は今後設計者に必須の考え方になると思います。残念ながらかなり曖昧な点も多く、計算上Q値計算を達成みたいな建物もあるみたいですが、性能を上げるために省エネ設計を自主的に行うことは大切だと感じています。