採算性分析

 現在、新たなWEBショップの採算性分析を行っています。元々、お店のコンサルタントを目指していたため、設計事務所の採算性分析よりは簡単にできます。設計事務所の分析はかなり難しい・・・。
 今度はいろいろ経費がかかるため、採算ラインの設定にはより注意が必要です。現在のペースでいけば、赤字にはならないのですが、昨年並みの利益を上げるにはよりいっそうの売り上げ増が必要なことがわかりました。部門毎に利益率が大幅に違うこと、売り上げ目標がかなりアバウトかつ甘いため、個別の戦略を練りにくいこと、開店を急ぐため、新たな仕入れは開店後になること、など様々な問題点が浮き彫りになってきました。初心に戻って問題点を抽出し改善していかなければなりません。弱点を目立たさなくして、強みを活かすという私の手法もそろそろ改めなければなりませんね。