DreamweaverでAndroidアプリ移植

 個人的には、Androidアプリ作成者側のメリットとしては、iPhoneに比べて作成する方法がたくさんあることだと思います。。自分の得意分野のものを使えばいいわけで、そもそもインストールがMacに限定される(って聞きましたが本当?)iPhone,iPadに比べれば敷居が低い。しかも使用する言語、開発環境も多岐にわたります。
 Adobeの開発環境だけを見ても、FlashでのAndroidアプリ開発環境はFlashを使用してきた人にとっては非常に容易そうです。JavaScriptを使ってホームページを作っていた人にとっては、ホームページ風の機能の実装で良ければ、Dreamweaverで簡単に作れそうです。PhoneGapでのアプリ変換は驚くほど簡単です。他にもいろいろあります。もっともAdobeに関してはMacであれば、案外両方簡単に開発できてしまいそうですねえ・・・。
 さて、試しに簡易耐震診断のスクリプト(JavaScriptで数年前に作成)を、Androidに移植しています。元のスクリプトは私の自作ですが、HTMLに埋め込んであるので、分離しました。どうもjQuery Mobileの理解が薄いらしく、肝心のユーザーインターフェイスで手間取ります。携帯サイトは簡単に作れたのに、スマートフォンサイトは、そもそもIS02というスマートフォンを使っていたのでPCサイトを直接見る癖がついていて、よくわかりません。これからIS05を使って色々見てみようと思います。
 JavaScriptは仕様的簡単であり、簡単な計算プログラムなどは楽に作れるので昔よく作りました。さすがに今は苦労しそうですが、ちょっとした個人仕様のものは簡単に移植できそうなので、ユーザーインターフェイスをもうちょっと勉強して移植していこうと思います。