計算ソフトは計算ソフト

 構造計算や耐震診断ソフトを使って仕事をしているのですが、いろいろ話を聞いていると、構造計算ソフトに入力することを構造設計していると勘違いしている人がいたり、耐震診断ソフトに入力していることを耐震診断だと思っている人がいることに驚きます。もちろん、両方とも使った方が効率がいいのはいうまでもありません。しかし入力だけなら、ちょっと練習すれば子供でもできますしアルバイトでもできます。そのことに大きな重要性はないと感じます。ソフトが設計や診断をしているわけではなく、実際は設計者が行っている行為です。それなのに、「ソフトでこうでたから・・・」とか、「ソフトのせいで入力ができないので・・・」とか結構聞きますね。計算ソフトは計算ソフトでしかありません。ソフトを使い込むことよりも設計の知識を上げたり、診断技術を上げるほうがどれほど重要なことか(もちろんソフトの正しい入力は大事です)。
 ただ、ソフトウェアの成熟に伴い、安易になりつつあるのも事実。自戒せねば。