木造構造計算ソフトと耐震診断ソフト

 似ているから!ということで、どちらのソフトも一緒に開発しているメーカーが多いです。例えば東京デンコー。安心精密診断2004と木三郎3。言うまでもなく操作性も似ている。あくまで推測なのだが、どちらかのソフトを元に作っていると思われる。これは作り手にしても位置から作るコストや時間を省略できるし、ユーザーからすれば定評のあるソフトからの改造なので使いやすいしバグなども少なくなるし、いいことが多い。構造システムのHOUSE-DOCHOUSE-ST1も同様にユーザーインターフェイスなど似通っていて扱いやすいです。
 その点木造舎のkizukuriや富士通FIPのStrdesignは良いソフトですが、耐震診断ソフトを同じ会社で持っていない。その分構造計算ソフトの高機能ぶりはここで語るまでもありませんが。
 両方やる場合は、ソフトメーカーを統一してみる、というのも良いかもしれません。