キーボードが取り外せるAndroid3.0端末

 はい。大好きなASUSTeKから、キーボードを取り付け可能(取り外し可能とも)なAndroid3.0搭載スレート端末「Eee Pad Transformer TF101」を6月中旬より発売するそうです。価格も59,800円と頑張っています。

 10.1型ワイド(1280×800)の液晶を搭載。スレート単体でも動作します。単体では9.5時間のバッテリー駆動と、重さ680gと比較的軽量さをもった端末です。USBが2つ搭載されたり、MiniHDMI出力、両面にカメラ、電子コンパス、GPS,ジャイロスコープなどインターフェイスは充実しています。無線LANもb/g/n対応と最新機種として遜色ありません。
 面白いのはキーボードを取り付けられること。普通のノートパソコンのように鳴ります。しかもキーボード部にリチウムポリマー電池を内蔵し、接続時には最長16時間のバッテリ駆動になるそうです。ナイスですね。ただ重さは合計で1.3キロになるそうです。持ち歩き時はスレートで、文章を落ち着いて打つときは合体して、と使い分けが必要そうです。
 iPadと悩むところです。iPadはPDF編集系が優れていて(Androidはそこが駄目)今のところ優位性もありますね。しかしTF101を見ていると、Androidも魅力的に感じます。実際に仕事で使えるような端末が増えることは喜ばしいことです。