エコキュートの転倒

 耐震基準というと建物が思い浮かぶが、倒れていけないものはたくさんある。例えばヒートポンプ式温水器として省エネ・オール電化に貢献してきたエコキュートもそうだ。高さが高く設置面積が狭いため、そもそも倒れやすい形状です。それなりの耐震性を維持するために基礎工事を行うのですが、今回の東日本大震災でも倒壊したエコキュートはたくさんあったそうです。
 別にエコキュートだけの問題ではなく、物置もそうでしたし、鯉のぼりを上げる竿もそうでしょう。正直どれくらいの強度にしなければならないか?がわかりにくいものはたくさんあります。人間の勘だけでは難しいので、今回の震災の経験を後生に伝えなければならないと思います。