浦安にて その1

 震災の現場に足を入れることは4回目。過去の3回は、さまざまな衝撃を受けたにせよ「来て良かった」「ためになった」「被害をださないように頑張らねば」と感じたものです。今回は「来なければ良かった」と感じた初めての現場でした。正直ショックでした。被害の程度も状態も想定通り。痛みが感じられなくなったのか?それ以上に現場で見て聞いた状況に怒りしか感じられませんでした。
 浦安は、今回初めて来ましたが(ディズニーランドには小学生のころ来たけど)非常に整備された良い都市だと思います。埋め立て段階での想定が良かった地域と悪かった地域があるだけだと感じました。実際液状化の被害が大きい地域とそうでない地域の差は大きかったです。建物と言うより道路や公園の状態を見るとよくわかります。非常に多い復旧部隊(工事屋さん)たちが頑張っているので、あれだけの被害でもおそらく想像より早く復旧してくれるのでは?と感じます。
 今後浦安に入る方は、砂埃が非常に多いのでその対策をしてから、のほうが良いでしょう。液状化で水と一緒にでてきた砂の量は半端じゃありません。昨日は非常に風が強かったので対風対策を施した私でもちょっと辛かったです・・・。
 つぎのブログでちょっとだけ見てきたことを書きます。書けないことが多いのが残念ですが・・・。