DocuWorks7.2リリース

 噂されていたDocuWorks7.2がリリースされました。メジャーバージョンアップではなく、マイナーバージョンアップで7.0や7.1からはダウンロード無料でバージョンアップできます。
 変更点は、新たにDocuWorksドキュメントトレイオプションが発売されました。仮想の文書トレイで、直感的・視覚的に文書の受け渡しができるようになります。私も以前からあればいいな、と思える機能です。オプションなのが残念ですが。
 次にアカデミック版が発売されました。これも論文など書く場合には威力を発揮するソフトなので、いい判断だと思います。
 DocuWorks PDF Creatorは、オリジナルのPDF変換エンジンです。つまりADOBEでなくなる?ということでしょうか?ちょっと不安ですねえ。
 過去のソフトとの整合性などもチェックしていきます。
 まずADOBEのPDF化。結論だけ言えば、DocuWorks PDF Creatorがインストールされるだけで、従来のものも使えます。しかし新規で7.2を購入したときについてくるか?はわかりません。そう考えると7.1は今のうちに買っておいた方がいいのかも(詳しくは今後調べてみます)。
 PowerListは先日、お話を聞いたときに、次のバージョンで7.2に対応といっていました。しかし7.2にアップした状態でも、私が使っている機能は動きました。リスト化も問題ありません。もっとも使い込んでいないので、詳しくは不明です。
 直起も使えます。私が使うツールは。
 というわけで、私は7.2にアップします。