太陽熱システム普及へ、東京都とメーカーがスクラム

<ECO JAPAN HPより>
 東京都は1月31日、太陽熱エネルギーの利用拡大を目的とした「太陽熱テイクオフ大会」を開催した。都が2011年度に新設する「太陽熱導入補助制度」を発表。太陽熱利用システムのメーカー5社は、2011~15年度の太陽熱利用システム販売目標を“宣言”して、これに呼応した。 <以上引用、以下編集>

 太陽を使ったエコは、太陽電池(ソーラーパネル)というイメージですが、こと熱利用の効率性といったら、太陽熱システムのほうが有利。エネルギーの変換効率が太陽光発電に較べ、非常に高いのです。家庭用のエネルギー消費の約50%は給湯と暖房の低温熱需要であるので、太陽熱利用システムは非常にエコと言えます。
 しかし認知度が低いのが難点。そこで今回の動きとなったようだ。個人的には太陽熱利用システムは仕組みも簡単で効率もいいので推奨しています。最近はハイブリッドタイプも出てきたので、更に多機能なものが開発されるといいと感じています。