フラット35Sの優位性

 ちょっと景気が回復し建て売りもマンションも比較的堅調に売れているようです。もちろん現金一括!というリッチな方は少なく、ローンを組むのが普通です。そこで借りられるか?返済できるか?ということが最重要課題ですが、そのなかで、金利が安く返しやすい金融機関を選ぶことが重要です。まあ、今はバブル期と違い、そんなに簡単に借りられる人も多くはないと思うのですが。日本人の持ち家志向(持ちマンションも)は依然として強く、生活費を削ってでもローンを組んで購入したい♪と思っている人は多いと思います。
 住宅ローンのポイントは、ずばり金利!金利が安ければ返済額を抑えることができますし、場合によっては返済期間も短くなりますね。たとえ0.1%であっても返済額が大きければ、影響は多大です。しかし現実はわかりにくいです。金利といっても固定金利、変動金利とあり、繰り越し返済もお金がかかったりします。また住宅を購入するからって住宅ローン以外を使うこともあります。そもそも事業用に購入すると住宅ローンは使えません。ま、使えるものなら住宅ローンのほうが金利が安いし、優遇も多いので・・・。
 で、フラット35S。最近、建て売りはフラット35Sを使える建物が多いですね。フラット35は旧住宅金融公庫であり(乱暴な言い方ですが)、最長35年固定金利が売りです。金利が変動しないので、予定が立てやすいです。反面、金利は若干高め。こんなご時世ですから十分安いのですが、変動金利商品のほうが更に安いのは否めません。またフラット35ならではの細かいルールに悩まされることもあります。しかしフラット35Sになると話は変わってきます。細かなルールは更に加わりますが、金利は当初10年(または20年)、金利が引き下げになります。1%も引き下げになりますので、かなりお得感があります。そのため、フラット35Sが使える建て売り等が増えているのは自然の流れです。
 ただし、ローン返済額が多いと、様々なリスクもあるのも事実。払えなくなったら・・・なんて恐怖感はぬぐえません。ですから借りられるといっても、できるだけ頭金を集めることが一番重要です。まあそれが簡単なら誰も頭を悩ませないんだけど・・・。