エプソンから15年ぶりのモノクロインクジェットプリンタPX-K100

 エプソンから、15年ぶりとなるモノクロ専用のインクジェットプリンタが発売となる。15年前というと私は大学生。その頃、すでにカラーインクジェットプリンターが普及していました。私がパソコンショップで働いていた10年ほど前は、すでにカラーインクジェットプリンタが全盛期でした。
 カラー複合機が6千円で買える今、単体プリンタのPX-K100の予定直販価格は14980円。何のメリットもないのでは?と思う人もいるかもしれませんが、価値があります。まず顔料系のブラックインクを2本搭載し、印刷速度も高速(約37枚/分)。片方のインクが切れても最長五日間使用できる。またランニングコストも安価です。自動両面印刷もでき、A4用紙250枚が入るトレイを標準搭載とビジネス向けの機能も十分だ。カラー印刷しない、又は他にカラープリンタがある場合の、有力な選択肢となりそうです。