Jコミ配信の漫画の広告料

 先日このブログでも紹介したJコミ。広告料でマンガの収益を上げる新たな試みですが、そのなかで新條まゆ先生の「放課後ウェディング」で52万5千円の広告料が作者の収入になることが明らかとなった。(インターネットウォッチ)
 1月25日にはβ2テストの第二弾として樹崎聖氏(原作・梶研吾氏) による「交通事故鑑定人・環倫一郎」(全18巻)の無料公開も開始した。著作権などがネックとなって普及が進まない電子書籍の新たな試みとして今後も注目していきたいです。