鉄骨住宅の有用性

 私は、木造の設計が多いが、個人的には住宅は鉄骨造がいいと思っています。木造と違って部材数が少なくてすみますし、スパンも楽に飛ばせます。品質管理もしやすいし低層なら思った以上にプランに柔軟性があります。純ラーメンならブレースもいらず、壁レスで設計できます。狭小住宅で狭い間取りを確保したり、柔軟な部屋構成を求めるなら、鉄骨も選択肢としてはありです。
 木造よりも価格が高くなりやすく、角などにユニットバスや階段を納めにくいという欠点もあります。RC造に較べると、耐火被覆(耐火の場合)が必要ですし、揺れやすいという欠点もあります。ただ木造に較べれば耐火建築物が作りやすいし、RC造に較べれば軽いし大空間が作りやすいです。
 その特性を生かして地元では鉄骨造を採用することが多かったのですが(事務所も鉄骨造です)、最近、鉄骨造が減少傾向にあるのが残念です。構造設計からも、設計のヒントやアイデアを提供できたらな、と感じます。