パブー

 電子書籍を無料で読む代表は「青空文庫」でしょう。著作権切れをうまく使ったシステムで、古い小説を読むには最適です。逆に新しい本や、素人的な著作を読むには?と調べてみました。一時期は携帯小説やホームページで発表するのも流行しましたね。正直、日本ではまだ電子書籍自体のパイが大きくないので、これからいろいろと出てくると思います。そのなかでおもしろいな!と思ったのがパブーです。
 パブーはPaperboy&co.が運営する電子書籍をオンラインで作成、販売できるサイトです。オンラインで作成できるのが売りです。無名な方々の無料の作品が多く公開されています。また有料コンテンツも10円!なんて安いものもあります。質は様々。しかし全体的に短編が多く、電子書籍端末に入れておいて、暇の時にパって見るのに最適です。私も数作品読みましたが、結構はまっています。ちなみにPDFとEPUBなのでSonyReaderでも楽しめます。カラー作品もあるので、カラー系の端末だと更に楽しめる作品が増えると思います。