トステムのサッシの防火基準未達・・・

 国土交通省は28日に、大手住設メーカーのトステムのアルミ合金製防火サッシが建築基準法に基づく耐火基準を満たしていないとして、平成15年10月~今年1月に全国で販売した同社のサッシ約一万点について、改修などの対策をとるよう指示したと発表。基準の半分程度の加熱時間で窓ガラスが落ちるという。商品名は「シンフォニー」。(産経新聞1月28日)
 この数年、大臣認定部材の不正取得や、性能の不備が目立ちます。まあ、実際のところもし認定の性能があったとしても、実際はどうだか?ケースによって性能は異なってきますので。なんでも製品として考えていくのは限界があるのか、と。
 さて、過去に使ったかどうか調べねば・・・。