ブログの悪用

 ある検索ワードを調べていたら、非常に悪質なものが見つかった。その方の評判を上げるためか、その方の悪評を消すためか?たくさんのブログを立ち上げ、さも様々な人が書いているかのように装い、キーワード操作をしている。おかげでそのワードの検索が非常に乱れている。ブログには必要キーワードをいかにも文章であるかのごとく書き連ねている。あきらかに検索エンジンを意識している。すばらしい種類の単語には肯定的で、悪質、欠陥などのことばには否定形を使って、この乱立したブログに導こうとしている。その建築家自身がやっていることなのか?不明ですが、他にも影響するような大規模な対策は避けて欲しいと思います。
 SEOの必要性が叫ばれ久しい。はっきりいって何の対策もしていないホームページなど見てもらえない時代なので、ある程度の対策は必要です。私だって、過去はそれなりに意識してホームページを作っていましたし、検索結果のキーワード順位には気を配っています。ただ私もホームページの引越しが多かったため、複数の私の作ったページが、ある単語に対してヒットする現象があり、それは整理しなければならないと反省しています(現在整理中・・・)。しかし最近WEB検索で引っかかってくるもので、有用なページが少ないです。明らかに釣りのページだったり、時事ネタで引っ掛けたり・・・。google等も便利に高機能になっているとはいえ、そういったページに引っかかることが多くなっています。しかも検索エンジンも寡占化が進んできているので、さらに深刻になってきたような気がします。