kizukuri6.2の印刷形式

 木造構造計算ソフトのkizukuriの最新バージョンの6.2では、構造計算概要書も出力できるが、構造計算概要書のうち、必要事項を通常の計算書に含むことができる。今まで別々に印刷して合成していたのだが、かなり作業がスムーズにできるようになった。印刷画面のチェックボックスに、応力図や検定表、検定比図のチェックができるようになった。もう少し印刷枚数が減ったりしてくれると助かるのだが。印刷書式ももう少し欲しいな。

kizukuri6.2の印刷形式」への4件のフィードバック

  1. 香織

    SECRET: 0
    PASS:
    Ver6にしてから木3で枚数が350枚越え当たり前な感じで…どうしたもんでしょ。審査側も見るの嫌でしょうに…とほほ
    皆さんはどのくらいになりますか?

  2. なまあず

    SECRET: 0
    PASS:
    香織さん こんにちは!
    >Ver6にしてから木3で枚数が350枚越え当たり前な感じで…どうしたもんでしょ。審査側も見るの嫌でしょうに…とほほ
    >皆さんはどのくらいになりますか?
     私は削っているので木3で250~300枚程度です。両面コピーとまとめ印刷で、できるだけファイルが薄くなるようにしていますが・・・それでも多いです!でもストラデザインとか使うと軽く500枚超なので、これでもマシなのかも知れません。

  3. けんじ

    SECRET: 0
    PASS:
     私もストラユーザーですが、100平米・2階建で500ページ弱。それも、梁の断面算定を少々削った場合です。(基礎計算込み)
     出力枚数で金額が決まるわけではありませんが、同じ規模のS造なら半分程度なんで、いろいろ考えさせられます。

  4. なまあず

    SECRET: 0
    PASS:
    けんじさん こんにちは。
    > 私もストラユーザーですが、100平米・2階建で500ページ弱。それも、梁の断面算定を少々削った場合です。(基礎計算込み)
     ストラ多いですよね・・・一番。アーキトレンド構造計算だとそれより若干少ないです。HOUSE-ST1が一番すくないです。あくまで同一物件の比較ですが・・・。
    > 出力枚数で金額が決まるわけではありませんが、同じ規模のS造なら半分程度なんで、いろいろ考えさせられます。
     確かに。金額と枚数は比例しない・・・。

コメントは停止中です。