新システム契約

 通常は暇が多い秋口。今年は仕事が途切れない。顧問税理士と打ち合わせしたとき、現状の問題点と課題を説明。自分なりに今期の展望をお話したのだが、景気の善し悪しにかかわらず、設計事務所にとって来年は厳しい年になりそうです。選別されるというか・・・業態間の競争が激化するというか・・・。前半に飛ばしておいて、後半しのぎきる!という作戦で乗り切るしかなさそうです。いつもと逆ですが、そのための新システムを構築しました。これは会計のアウトソーシングの一種です。非常にシンプルな方法ですが事務作業を低減できます。来年正式稼働する新営業管理システムとともに、今後の設計事務所のあり方の一つを示せると思います。