はやぶさの回収カプセル内の微粒子は約800個

 も入っていたらしい(宇宙航空研究開発機構の25日の発表)。あんな小さなカプセルなのですが。微粒子は岩石質で、マグネシウムなどの元素が含まれているらしい。これが地球外のものであればな!と期待してしまいます。それにしてもカプセルから微粒子を取り出すだけで、こんなに時間がかかるとは。研究は、お金と時間が想像以上にかかるんですね。それで新しい発見があることもあれば、ないこともある。事業仕分けでは仕分けられない分野かもしれないですね。