vTigerCRMの日本語化

 QNAPのTurboNASを使い始めて半月。実際、作業できる時間がほとんどなかったのですが、この商品本当に快適です。もっとも私の腕が悪いのか?ネットの方々のいう速度が未だ実現できていません。体感的には問題ないのですが・・・ベンチマークが・・・まあいいか。
 この商品のありがたいことは、簡単にMySQLが使えること。しかも使い慣れたphpMyAdminをすぐにインストールして使える点。ファーストサーバで使い込んでいるから助かります。しかもこっちのほうが使いやすい・・・。速度もそこそこ出てきましたし、安定性も上々。
 さて、この商品の欠点といえば、わかりにくい内蔵Linuxとインストールできるソフトの日本語化の問題。vTigerCRMは簡単にインストールできる反面、日本語化で苦労しました。マニュアル通りではインストールできず手動で行いました。まあ一回行ってしまえば結構簡単なんですけどね。今はPDFの文字化けも解消され(ファーストサーバの時は簡単だったんですけどねえ)、安定稼働です。vTigerのカスタマイズに手を焼いていますが、速度がファーストサーバで運用するよりも速かったりするので助かります。何よりにFW内で設置できるのは安心です。
 他のアプリケーションのインストール状況です。素人なのでプロならできるのかもしれません・・・。
・サイボウズ・・・△
 インストールが日本語で行えません。フォルダーの問題かインストールできるのですが、起動時に容量が足りないと出ます・・・。インストール自体ではトラブルが発生していないので、何か工夫が足りないのかもしれません。
・aipo・・・×
 インストーラーが起動できません。管理者で起動しているのに・・・。サイボウズは簡単にすり抜けていることから、ソフトウェアの相性の問題なのかもしれません。
・vTigerCRM・・・○
 インストールはQNAPのマニュアル通り。ただ日本語化されていないので、日本語化のパッチをインストールする必要あり。私の環境だと自動インストールできないファイルがあるので手動で転送したらOKでした。
・Optware・・・○
 めちゃ便利です。QPKG以外のパッケージをインストール可能になります。Teratermが使える人間なら使用の価値あり!IPKGのパッケージがたくさんありますから。
 ちなみに簡単にインストールできるQPKGのものでもWordPressやJoomlaがあるので、日本語化になれている方なら簡単かもしれません。私は面倒なので日本語化したものをインストールする予定ですが、今は時間がないので・・・。