プロの仕事ができる人が減ってきている気が

 携帯電話のショップ(俗にいう正規ショップ)のお話。ある手続きをしたらメールアドレスが吹っ飛ぶことは常識的(ショップの店員でない私でも知っているし、以前、そのショップの別の店員にも聞いたことがあります)。その説明すらせず、手続きをして吹っ飛んだら開き直っている。ほかにも落ち度があるのだが、結果的にみれば吹っ飛んだ時点で気がついているはずなのだから、謝ったほうが良かったのではないか?最後までやってしまって説明がないから雷を落とされている・・・プロじゃないですね。失敗は誰でもあるのに・・・。認めないから二次被害、三次被害が広がる。謝るのもプロの仕事。それも早期にミスを発見して。もちろんミスをしないことも大事なのは決まっています。結果的にメール内容は全部消え(消えなくても大丈夫だったのにねえ)、そのユーザーはメールを使えなくなりました。自分のメールアドレスすら入力できないらくらくホンのユーザーですから。しかもアドバイスが「自分のアドレスを入れて、サーバーからメールをダウンロードする」というのが彼の説明。誰だってわかんないじゃん!らくらくホンユーザーなら絶対わからないと思います。
 プロというとプロ野球選手のような超人的な人もいれば、一般的な仕事を当たり前のように行える人もいます。どちらもお金をもらって仕事をしているのだからプロであり同列です。なんだか政治家やお役人を責められなくなったな・・・。プロの仕事ができる人が減ってきている気がします。