設計事務所の経営

 設計事務所の経営ってすごいな、とつくづく感じます。販売業と違い、月や年ごとに大幅に売上が違うのが普通で、なかなか安定することが難しいです。経費が少ないという意味では楽なのですが・・・。私や先代は、そんな努力はかなり昔に諦め(・・・)、戦略的多角化を進めました(携帯ショップも昔やっていました)。私の事務所では土地家屋調査士事務所やショップなどを併設し、できるだけ売上を平準化するよう努力しています。幸い、ショップ部門が順調に成長し好調だった昨年比でも大幅に上回りつつあります。
 設計を依頼する企業の業績まで心配されては悲しいので、経営的に余裕を持たせるよう努力していますが、なかなか思うようにはいきませんね。今年も前半低調でしたが後半盛り返すという、いつもの悪い癖でハラハラしましたねえ。ようやく安全圏に入りました(ホッ)。前半に設備投資をしすぎる悪い癖も直さないと。今年はSe○n(構造計算ソフト)やらアーキ○レンド(CAD)のオプションやらたくさん買ってしまいましたからねえ・・・。厳しいですけど設備投資を続けていくくらい余裕がなければ、今の時代はどんどん追い込まれます・・・。人員の補強もうまくいき、体制も整いつつあるので、ようやく社長としてやっていけそうな気がしてきました。今まで迷惑をおかけしたぶん、世の中の役に立つ設計事務所を目指していきたいと思っています。