建築士になれる人となれない人

 一級建築士の試験が終わり、資格系専門学校が解答速報を出したり、合否判定を勝手に始めています・・・。まあ昨年より難しかったようですね。昨年は驚異的な簡単さでしたから合格基準点が跳ね上がりましたからその反動でしょうね。それにしても難関資格には変わりがない一級建築士ですが、受かる人は案外すんなり受かるんですね・・・。今年は試験場に申し込んでいながら来ない人がたくさんいたそうです。これももったいない話です。
 いうまでもなく建築士資格は、建築士試験に合格すれば取得出来ます。一級でも二級でも、まずは学科試験を受けて合格したら製図試験を受け、それに受かったら取得出来ます。昔と違って今はインターネット等情報があふれていますので、逆に独学での取得も十分可能!と言われています。しかしながら特に製図では、まだまだ受験専門校に通った方が有利と言われています。しかしお金が非常にかかるのも事実です。私も建築士事務所の経営者として、どの方法がいいのか?と研究していますが、未だ決定的な方法には巡り会えていないのが現状で、独学が向かない人は絶対に専門学校に行った方がいい、程度の認識しかありません。
 今年も合格予想は難しそうです。最終的にどの程度の基準点になるか?それによって合格者が大幅に変わることでしょう。