日々のサポート業務

 私のお仕事の話。もちろん経営者(設計事務所)であり、ショップの店長であります。実業務は様々ですが、そのうち大きなウエイトを占めるのがサポート業務。メールでの相談はたくさんあります。ほとんどが構造設計に関することです。ソフトウェアの選定や操作の相談や、トラブルの相談など本当に様々です。これらは基本的にお金にはならないので、経営者的にはつらいのですが自分の出来る範囲内で行っています。忙しいので、「ぎゃー!」ということもありますが・・・。
 設計事務所でも工務店でも人不足。また周囲のお仕事のネットワークが希薄な場合も多く、周囲に相談できる相手も少なかったりします。本来なら建築士会や事務所協会などの会が積極的に相談に応じてくれるような体制を築いてくれれば助かるのですが、会といえど難しいかもしれません。構造計算に関しては、ソフトメーカーがもう少し実務に踏み込んだサポートサービスを開始してくれればと思います。そのサポート料金は高額でいいのできちんとしてほしいです。でも無料で・・・と思う方も多いです。しかし専門家としてプロとしてお金を貰って仕事をしているわけですから、無料の情報や相談でなんとかしよう!というのもなんだかなあ・・・。何でも安く済まそうという風潮が問題なのかもしれません。