慢心?パン作りも修行が必要?

 昨日の反省から、もう一度作ってみることに。そば粉を入れ水分調整を行いました。若干生地の粘りがないものの、良好。焼き具合を調整するため、トップを潰して焼くことにしました。それにしてもゴマを入れるタイミングが難しすぎる。多少潰したものを混ぜて油を増やす工夫をしているのですが、効果は薄いです。もう少し研究しなければ・・・。
 しかし今日はメロンパンを作るはずが、並行して作ったクッキーのせいで、薄力粉がなくなり、作れなくなりました。やはり作り慣れて慢心したせいか?こんな初歩的なミスを犯すようでは・・・と思っていたら、今度はクッキーでゴマを混ぜるのを忘れる・・・。ああ、駄目だ。両方とも生地は悪くなかったのに・・・
 さて今日のクッキーは糖分を黒砂糖を入れました。自信がないので2割だけ果糖を配合しました。しかし心配は要らなかったようです。前回のクッキーよりはるかに美味しく作れました。ただゴマを後からまぶせたので、焼き上がりでボロボロ落ちる・・・。次回に期待です。でも本当に美味しく焼けました。明日、同僚達に食べさせよう!これくらい美味しければいいですね。しかもパンの合間で作れますので時間的にも何のデメリットもありません。
 それにしても材料の在庫を管理するのも難しいですね。ドライイーストは常に不足気味。小麦粉もあっという間になくなります。さてどうしたものか・・・。