建築基準法の見直しは期待できるか?

 1月後半に示された建築基準法の見直しについて、いよいよ明日から「建築基準法の見直しに関する検討会」が開催されます。
 1月の大臣の記者会見では、
・建築確認の日数短縮
・提出書類の簡素化
・違反に対する厳罰化
 などの運用面の改善だそうです。構造計算概要書の廃止や、関係図書の簡素化、違反設計に対する処分の徹底、住宅性能評価や長期優良住宅の認定に関係する図書の簡素化など基準法、関係法令に及ぶらしい。注目なのは構造計算で大変になっている適合性判定の対象建築物の変更があるのかないのか?明日からの検討会に要注目である。