文筆活動の道具

 最近は某望遠鏡の簡易手引きまで書いている私。仕事がよほど暇だと思われているらしい。まあ仕方がないか・・・。
 最近は、4ページ以上のものは確実に「パーソナル編集長」

【当店ポイント2倍】パソコンソフト クレオ【税込】パーソナル編集長 Ver.8【返品種別A】/※ポイント2倍は 2/12am9:59迄
 で作成している。フォントも気に入った新聞フォントが入っているし、長文を章をを分けて編集できるのが気に入っている。まあ小説家とかじゃないので、私の長文といっても50ページくらいなので、十分です。もちろん文章は他で作って流し込みます。
 最近は、ばらばらな環境で書いて後でまとめるというのが主流。ポメラで早朝マクドナルドで原稿を書いていることもしばしば

■冬のクリアランスSALE開催中■キングジム【SALE】KING JIMデジタルポメラ DM10トワイライトオレンジ★送料無料【pomera DM10】
 ノートパソコンもあるのになぜ?と思われる方がいるかもしれません。しかしどこでも電池を気にせず文章を打てるこのツールの気軽さに勝てる物はありません。でも昔のモバイルギアのほうが良かったかも?隣にノートパソコンを置いてネットで調べ物してポメラで打つ、ということも。USBで簡単にパソコンに転送出来ますし。
 パソコン上では秀丸エディタを使っています。また携帯環境ではGmailを使って原稿を書くこともあります。Gmailは便利ですが動作が遅いのが気になります。即出力という場合は、やはりMS-WORDが便利です。がWindows7で動くようになった松風のほうが整形文書は楽なので、こちらも併用します。またパンフレットは、なぜかまだ動くG-CREW8を使っています。そろそろパンフレットも他のソフトに移行しようと思うのですがいろいろ財産があって、乗り換えられませんねえ。