コンパクトデジカメの天文用は?

 天文は専ら観望派の私。見ているだけで飽きないのですが、そろそろ何か発展的なことをしようか?と思ったら、やっぱり写真かな??携帯電話で撮るのは楽しいし、今後も続けたいけど、もう少しきれいな写真もとれたらな!と思います。惑星撮影用のシステムはある(ToUcam Pro2)のですが、パソコンと接続しないと撮影できないのがネック。ということでデジカメかビデオカメラを検討することに。
 手持ちのIXYは、地上では無敵(?)だが、天文で使うのはかなり苦しいです。Xactyはなかなかいいですが、手持ちのアタッチメントに取り付かない・・・。他のカメラは大きくて論外・・・。
 というわけで物色中。今度はホワイティにつけるわけではなく、ミカゲに取り付けるのだが、やはり小さいもののほうがいいな。星雲なども撮影するなら一眼レフもいいけど、観察中に気軽に撮影できるコリメートできるコンパクトデジカメが候補だ。高感度に定評のある富士フィルムのF200EXR

秋の紅葉準備セール!フジフイルム FinePix F200EXR シルバー
 あたりが候補か?最高感度がISO12800!で、8秒までの露出が可能!ノイズも少なそうです。惑星撮影のときに利用できそうなビデオ機能もMotionJpeg(30フレーム/秒)だが、エンドレス連写やサイクル連写も使えるため、使い方次第では面白いかもしれません。比較的軽量ですしね。

COOLPIX P6000も魅力的♪
 
デジタルカメラ ニコン COOLPIX P6000(クールピクスP6000)
 1/1.7型の原色CCDを搭載!RAW現像も可能!たぶん画質はいい。動画も音声なしや白黒もできるらしい。感度は6400まで。マニュアル撮影で30秒まで露出が可能だ!レンズが若干暗いが、これなら簡単な星空写真も可能そう!GPSで位置情報を付加できるのもポイントが高い!LANケーブルを直接つないで、インターネットに接続できるらしい。まあ一眼レフ買えるぐらい高いから・・・。

リコーのGR DIGITALも良さそう

秋の紅葉準備セール!RICOH リコー GR DIGITAL III (SDカード2GB付き)
露出は180秒まで可能。レンズは短焦点だがF1.9と明るい。でも高いなあ。

 結局一眼のほうが汎用性があってしかも安いかもしれないな。天文でコンパクトデジカメを使う人が減ってきている背景は、そういう理由かもしれませんね。でも気軽に撮影、という点ではコンパクトデジカメのほうが勝っていると思いますし、特に月惑星を気軽に!ともなれば・・・。

 いいデジカメがありましたら、ご紹介くださいませ。