筋かいについて

 耐震診断に行くと「うちは筋かいがないから心配」とか「筋かいを入れれば大丈夫かしら?」との相談をよく聞きます。もちろん筋かいは耐震性をアップさせる重要な構造要素の一つです。しかし家全体で見れば筋かいが入っているから安心・心配と判断できるほど簡単なものではありません。耐震診断をして全体的に判断する必要があります。
 ある工務店さんは、筋かいの強度をアップするため、強度の強いカナダツガを利用して全体の耐震性をアップしようとしていました。筋かい自体の数が多いこともあり、建物全体の強度がアップすることは間違いないでしょう。しかし取り付ける筋かいプレートがよくありませんでした。施工も正直お粗末でした。筋かいの欠点は部材そのものよりも、それを取り付ける端部にあります。つまりいくら筋かいが頑丈であっても引き抜かれてしまっては意味がありません。よって筋かいの本来の性能を発揮させるためには端部の施工が重要です。現在では筋かいプレートというもので取り付けるのが一般的です。しかし性能・施工性は千差万別です。しかも取り付け方を熟知していない職人も多いのが現状です。ですから施工不良が多い部位でもあるのです。せっかくいい材料を使っているのですから、プレートの選定、施工にも気を遣って欲しいものです。
 一般に、筋かいプレートは、柱と土台(または梁)に取り付けます。最近は柱だけに取り付けるタイプも発売されていますが、耐震性を優先するなら選択すべきではありません。やはり通常のタイプよりも強度が劣るからです。また筋かいプレートを取り付ける土台部にアンカーボルトなど干渉するものをなくすことも重要です。ですから取り付けには結構頭を使います。壁内結露の原因になる場合もあるので、考慮した設計にしなければなりません。もちろん、筋かいを使うと引抜きが問題になるので、金物計算と柱頭柱脚の適切な金物の取り付けも重要になってきます。
 木造はいろいろ奥が深く難しいですね・・・。