好きな望遠鏡メーカーがなくなっていく・・・

 天体望遠鏡って夢があって、誰でも一度は覗いてみたいと思うものです。しかし悲しいことに、どんどん作るメーカーがなくなっているということは、この趣味をしている人なら常識ですが、一般の方は知らないと思います。
 子供の頃あこがれだったニコンやペンタックスは望遠鏡から撤退しました(ニコンはかなり昔、ペンタは最近)、私の持っている望遠鏡でMeadeは国内の代理店が倒産?し現在は入手すら困難。私の主力機で反射望遠鏡のメーカーのミカゲもとっくの昔になくなっていますし。日本で流通している望遠鏡も多数は中国製。国内メーカーはすっかり元気がなくなりました。ペンタックスの望遠鏡は今でも本当にほしいです。デザインも性能もいいですから。でも高かったなあ、一般人の感覚では。
 そういえば地元の五島光学や三鷹光器も個人向けの望遠鏡ってもう作っていないし。寂しい限り。まあ日本の大都市では高性能の望遠鏡を生かし切れませんしねえ。
 でも望遠鏡って果てしなく高いですが、寿命も長いのです。皆さん大事に愛機を長く使い続けていますね。私の小学生の時に愛機は今は、姪が使っています。活用頻度が低くてもこれだけ長い間使えれば、十分元は取れますね。でも最近の望遠鏡はコンピュータ制御で寿命が短そう。長く使うなら手動式のほうがいいかもしれませんね。

0 thoughts on “好きな望遠鏡メーカーがなくなっていく・・・

  1. だまこもち

    SECRET: 0
    PASS:
    数値重視のブラック企業が増えて、
    そうした低俗な営業も増えましたね。逆ギレ勧誘などもしかり。
    自分にとっては多数いるお客様のひとりであっても、
    お客様にとっては、たったひとりの担当であるという気持ちが
    大切ですね。私も自社の看板を背負っているという
    自覚を持たねば・・・気をつけます。

  2. なまあず

    SECRET: 0
    PASS:
    だまこもちさん こんにちは。
    >数値重視のブラック企業が増えて、
    >そうした低俗な営業も増えましたね。逆ギレ勧誘などもしかり。
    >自分にとっては多数いるお客様のひとりであっても、
    >お客様にとっては、たったひとりの担当であるという気持ちが
    >大切ですね。私も自社の看板を背負っているという
    >自覚を持たねば・・・気をつけます。
     大事だとわかっていてもたまに忘れてしまいます。私なんかは。常に顧みることが必要だと感じています。