私の立ち位置

 木造軸組工法住宅の許容応力度計算(2008年版)で、気になるのは実験などではなく、数式のみで導き出されたような例が多数掲載されている点です。昨日の断面欠損の件もしかり、斜め方向の壁もそうです。力学的には正しいが木造でこの通りになると思っている構造技術者はいないはずですね。ソフトで入力できても施工で力の流れを考えれば、この式通りになるということはない、と直感できるはずです。斜め方向が入力できるソフトを活用している方は注意した方がいいでしょう。だからといってどうなるの?といわれると、私もわかりません(きっぱり)。まあ建物をたくさん実大実験するわけにもいかないし、いろいろと、というかかなり難しいところがあると思うのですが、何か釈然としませんね。
 私は構造技術者でも研究者でもないと、あらためて自覚しました。一般的に難しいといわれている構造について一般の方や意匠建築士の皆様にわかりやすいように説明・翻訳する立場だと思っています。私の知っている先生は、これからの構造技術者はプレゼン能力や説明能力を高めなければならない、とおっしゃっていました。同感です。ただしばらくは私のような中間的な人間の需要も必要だと感じています。私は知らない間に立ち位置を見失っていたようです。他業界からのトラバーユ組で、残された時間も学習してきた時間も短い私が生きる道。もう少し絞ってやっていかないと難しいような気がします。
 HOUSE-ST1の無料手引きもVer4が来週?発売なので更新しました。が、他は追いつきませんねえ。というわけで少しずつ改訂していきます。

私の立ち位置」への0件のフィードバック

  1. けんじ

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。
     最近、4号の建物でも「計算を」との要望があり新しい『許容応力度計算』の本を検証中です。
     正誤表は直すのに半日、計算例は別冊で綴じました。新しい版が出来たら、買い換えようと思います。(技術基準解説書の方も…)

     横架材の方は、以前より現実的な裏付けで改訂されているようなので、今までの「余力」の見方も変えようと思案中です。
     ソフトの方は富士通のを使用していますが、まだ対応しきれていない様子で、要望をいくつか出しました。

  2. なまあず

    SECRET: 0
    PASS:
    けんじさん こんにちは。

    > 最近、4号の建物でも「計算を」との要望があり新しい『許容応力度計算』の本を検証中です。
    > 正誤表は直すのに半日、計算例は別冊で綴じました。新しい版が出来たら、買い換えようと思います。(技術基準解説書の方も…)
     お疲れ様です。出版するほうも大変でしょうけど、もう少し慎重に編集して欲しいものです。

    > 横架材の方は、以前より現実的な裏付けで改訂されているようなので、今までの「余力」の見方も変えようと思案中です。
     プレカットの機械はカスタマイズできるそうです。デフォルトの設定より改良して、より強度を増すような努力をしているプレカット屋さんもいます。計算方法が変わっても従来の仕口や設計で問題なければ、従来通りでよいような気もしますが?

    > ソフトの方は富士通のを使用していますが、まだ対応しきれていない様子で、要望をいくつか出しました。
     他社は未だに対応していません。富士通も結構取り残しがあるようで・・・。