近隣トラブル

 家を建てるときに近隣とのトラブルって非常に多いです。家を建てる側は希望に満ちあふれているのに対し、近隣はただでさえ、隣に新しい住宅がたつことは嫌なはずなのに、工事などでうるさいし、嫌なことも多いのは事実です。ですから工事業者、設計者、施主は近隣に最大限の配慮が必要だと感じております。
 最近、特にメーカーの建物で、土日夜も関係なく工事する業者が増えてきた事。納期や費用に関する制約が大きく、近隣で苦情をいっても取り合ってくれない業者が多いです。私の近所でもありました。追い込みの時期だったらまだ仕方がないか、と思いますが毎週でした・・・。まあこんな業者は責められて当然ですが、至極普通にやっていてもクレームはつくものです。私は子供の頃から、そのような風景を見続けてきたので、家なんて建てたくないな、と幼心にそう思っていました。
 構造設計をやっていると、そのような場面に出くわさないのでいいか?と思うとそうではありません。そのような苦情によって設計変更を求められて構造計算をやり直すという手間が増えることは多々あります。中には理不尽なものもあります。というわけで、現在、そんなのばかりです。はい。出来れば構造設計前に、解決しておいてほしいな、と思います。もっともそれで解決できるんだったら、彼らも解決してくれていたはず。思った以上に難しいようです。