客引きと間違えられる

 日記が空いてしまった。やっぱり暇だから・・・。といっても書くネタがないわけではないです。
 さて、今日(木曜日)は、珍しく建築士を目指す二人と飲む。若い人は元気です。飲むスピードが違う。建築士を取り巻く環境は厳しいというのが定説で、さらに追い打ちをかけるように不景気がやってきました。しかし私にとっては若い人にはチャンスが広がったと感じます。この業界の問題は学校を卒業した後のビジョンが見えやすいようでわかりにくいこと。建築士法改正やその他の環境の変化で、より自分の能力を特化し生かせる環境が出来つつあります。また目指すべき方針もたてやすくなったので、今は自分の進むべき方向を考え、それに向かって邁進してほしいものです。
 帰りに土建屋さんに客引きと間違えられ、首根っこをつかまれ怒鳴られた。見れば違う事くらいわかるでしょ?大人がこんなのではいけません。人に八つ当たりなんて最悪です。飲んだときくらいは楽しくしていましょうね、と感じました。