トップマネジメント2

 バブルの終了は、パソコン社会の本格的な開始の時期と重なります。そんなころ信長の野望や三國志でおなじみの光栄からパソコン会社の経営という斬新な内容のゲームが発売されました。それがトップマネジメント2です。なんとWindows3.1用のソフトですが、久々にXPにインストールしたら互換モードで遊ぶことが出来ました!!95や98のソフトも動かないものが多いのに、さすが光栄!というわけで徹夜で(・・・)遊んでみました。
 このソフトをやったころは大学生の頃。まだ私が日本のビルゲイツを目指していた頃(というのは嘘だが、プログラマやコンサルタント目指していた頃)、夢中で遊んだものです。
 このゲームが出た頃、当時国内標準機だったPCー9801の牙城が崩れかけたころ、MS-DOSから仕事でもWindowsに切り替える人が多くなった時代。まだノートパソコンはモノクロ画面があったころです。私もノートパソコンを買ったり自作でパソコンを作った頃です。
 ゲーム内容は経営ですが、3社のパソコンメーカーになって経営していくもの。原料の仕入れ、在庫の管理、人材募集、開発合戦など結構本格的。実際の時代をトレースしていてバブル崩壊なども出てきます。オールインワンパソコンが開発できる(死語・・・)というモードもありました。経営状態が良くても法人税を払うのに苦労したり、資金繰りに苦労したりと、当時は非常に新鮮でした。久々に遊んでみましたが今でも十分経営の訓練になるのでは??と思います。今後も少しずつ遊んでみようと思います。
 

0 thoughts on “トップマネジメント2

  1. tora

    SECRET: 0
    PASS:
    ご無沙汰しております。
    私は昨日、製図の予備校の入学手続きを済ませてきました。二級の時にお世話になった予備校です。昨年通った予備校とは縁を切りました。

    学科試験の合否判定は95%位正確だと思います。試験問題は、試験終了までいれば(途中退席可能なんです)持ち帰ることができることになっています。自分の回答を試験問題に写し取っておいて、予備校に行ってマークシートにそれを記入して自分の得点を知るという仕組みです。予備校側は、予備校生以外の学科合格者を発見すれば、製図のご案内っていう段取りなんですよ。

    昨年、私が受験した時は、予備校側も正答を二転三転するくらいに正答が判断しにくい難問があって、それにともない受験生も一喜一憂するということがありました。とても珍しい話だそうです。
    マークシートへの記入ミスが無い限り、まあ問題無く実際の得点に近いと考えられます。

    また、今度、一杯やりに行きたいですね。最近の情勢を教えていただきたいし。それでは。

  2. なまあず

    SECRET: 0
    PASS:
    toraさん こんにちは。
    こちらこそご無沙汰しています。
    今年こそ製図合格できるよう頑張ってください。
    予備校の合否判定ってやはり間違えはあるんですね。
    まあギリギリだったら製図の勉強しておく必要がありますなあ。
     試験終わった後、飲みましょう♪

  3. tora

    SECRET: 0
    PASS:
    なまあずさん

    楽しみにしています。では、試験後にまた連絡いたします。