オープンデスク開始

 昨年も募集しながら応募がなく(・・・)挫折したオープンデスク。今年は応募多数のため残念ながらお断りするケースもあり申し訳ない気持ちです。そのオープンデスクが今日から始まりました。私も初めてなのでドキドキ。まあ来る学生さんのほうがよっぽど緊張するんだろうけど。私の事務所の今年のオープンデスクは実技習得型。木造2階建ての構造検討を学び、実習していくタイプのもの。この場合、来る学生さんの能力や学習状況によって進行が大きく変わるのでスケジュール管理が大変です。事前に様々なシュミレーションを行い日程を作成しました。木造2階建ての構造検討は来年あたりより、審査が義務化されるとのこと。その重要なことの基礎を学生のうちに学んでおく事は悪い事ではない。理論よりも実践を重視したスケジュールで演習課題が多めになりました。もちろん学校ではないので、事務所で設計監理した物件の進行状況をプロジェクターで見せて解説したり、学校では教えないようなことをいろいろ取り入れて話すつもりです。また自分でプランニングした住宅の構造検討・伏図作成までやるので、ちょっと詰め込みすぎたかな?と感じますが、学生さんならなんとかなるのでは?と思っています。今年は初めてということで、いろいろ不安な部分はありますが、今後もやっていこうと思っています。
 来年は、構造計算学習型やリフォームプランニング型など、「他にはない」タイプのものを更に増やそうかな?と思っています。更に実際の実務をやってもらう本来の形のオープンデスクも出来るだけ早く開催できるように考えています。